So-net無料ブログ作成

馬場俊英acoustic circuit2008「 ~サクラサク~」@赤坂blitz 2008/4/18(金) [音楽]

なんと今回、行けないはずのライブに友達の一声でライブに
参加する事ができました!さらにサプライズは続き、会場の手違いで
今回の立ち見席も実は椅子があったという事が判明!

座ってみる事ができました、友達よ〜ありがと〜う

さてさてライブの方もバンドスタイルではなく、昔のよくやっていた
ころの弾き語りスタイルでのライブ、いつもの1000人単位の
ライブよりも小さめの箱でのライブでした。

そして改めて実感、やっぱり馬場さん!これぐらいの会場で
さらに弾き語り(3人アコースティック編成ですが)素晴らしいです!
馬場さんの持ち味がでたライブだったような気がします。

持ち前のぐだぐだトークも炸裂、曲もいつもよりも新しいものと
過去のアルバムの曲がいい具合のバランスでした。感覚的には数年前の
ライブハウスでライブをしていたような感じのライブでした。

僕としては、今回のライブで馬場さんが春には出会いと別れがあり
大人になると簡単な気持ちだけでなく、色々な経験や流れの中で
素直に「おめでとう」が言えなかったり、人の幸せな話を幸せに
感じられなかったりみたいな、大人になるからこそ出てくる、表現の
しようがない、影の部分がある…みたいな話をしていたのですが
うまく文章に表現できないのですが、非常に自分自身に問いかけられてる
というか、考えさせられる事となりました。

馬場さんを応援して早数年、大人になり夫になり親になり
この数年で自分自身の考えも大分変わりました。

本当にこの馬場俊英さんという方は、日常のあらゆる部分を敏感に感じ
また感じようとしてる方なんだなあと実感しました。

そして今回はまた新たなアンコールコールが誕生しました!
それは…

「oh yes 」「oh yes」の連呼!でも今回のライブのみ気がしますが…

さらにサプライズは続きまして、私のお隣さんだったのですが
こんなやりとりがあってびっくりしました。

ライブで馬場さんがポールウェラーが好きでライブに行った事があって
という話の中で馬場さんが「ポールウェラー知ってるかな?」
の問いかけに、おもむろにお隣さんが「知らない〜」って発声!!

これには馬場さんもびっくりの苦笑い、隣の僕はひっくりかえりました!
(まっ微笑ましい光景としますか)

ほんとにこの弾き語りライブは楽しめましたし、馬場さんが以前
再メジャーデビューしたときのライブでもう少し、慣れたらまた、自分の
やりたい曲、聞いてもらいたい曲で弾き語りライブを!みたいな話を
していた気がするのですが、このライブがだいぶその理想に近くなった
ライブなのかなという気もしました。

ライブでboys on the runをやらないのは久しぶり?なかった?というように
かなりいままでとは趣向の違うライブでした!

set list
1   「明日へのフリーウェイ」
2   「草野球」
3   「青春ラジオ」
     このあたり3曲はやはりつかむためにも新しいアルバムからでした

4   「今日も君が好き」
   鳥のさえずりから始まり、久々でした!

5   「ただ君を待つ」
   この流れは女性は好きなんでしょうね〜

6   「あのうた」
    時任さんのカバーもいいですが、やはり馬場さん!
     この歌も久しぶりですがいいです!「鴨川」すばらしいアルバムだ!

7   「春のレイン」
     馬場歴は結構たつが僕的には初ライブ演奏!ビートルズのような旋律
     の大好きな曲!涙でした
8   「真珠」 
     これが聞けただけで、今日は帰ります!懐かしさとかっこよさで…

9   「白球」
     未収録音源ですが、一時よく演奏してましたね!
     次のアルバムに入りそうな予感!
10  「鴨川」
     言葉がありません…好きだよ…

11  「スタートライン〜新しい風」
12  「ダディーズソング」
    これもやるとは!思い入れのある曲だけに
    最高でした!しかし歌詞の中に「小林ひとみ」
    がでてくるとは、男性陣は大笑いですよ!すごい飛び道具でした!

13  「ブルーバード〜僕は夢の影のように」
14  「オセロゲーム」
15  「君の中の少年」
     このあたりから馬場さんは得意の空気椅子状態

アンコール
16  「サクラサク」
17  「主人公」
     しかし、この「主人公」は中野公演の演奏が一番!なぜか
     あの衝撃を未だ超える演奏がないのはなぜなのか??

余談
次の夏のツアーも決まりましたが、神奈川は秦野ですって!これまた
渋いところをチョイスしましたよ!
200804190022000.jpg
     


          

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

おむ

春のレインンンンンンンンンンンンン!!!

唸りたくなるほどに、うらやましく思います。

ライブお疲れ様でした。
家で馬場さんを聴くときは毎回必ずと言っていいほど聴いている曲で、この曲をライブで歌ったらもう死んでもいい。と思っているほどに、ナマで聴きたいと思っていた曲…うらやましすぎるううううう!!

とにかく、秦野は普通に渋すぎ!!
行きたいかも…。
by おむ (2008-04-19 02:49) 

マサトシ

おむさん
外は雨〜雨〜♪すでに失禁してました
ほんと馬場さんは弾き語りの方が持ち味
出せる気がするよね〜しかし今回は申し訳ないが
良かった♡
秦野…会議しましょう〜
by マサトシ (2008-04-19 10:02) 

ぬまちょ

acoustic circuitは私は行ったことないので
いつか行ってみたいですね~!
ライブとはまた違ったよさがあるんでしょうね♪

by ぬまちょ (2008-04-19 19:46) 

マサトシ

ぬまちょさん
馬場を語るなら!弾き語りってだれが決めたか
わかりませんが、ぜひ機会あったら堪能して下さいね

じっくり聞くなら断然 このタイプのライブですよ〜
by マサトシ (2008-04-20 21:01) 

rie

以前サンプラザの日記にコメントしたことがあります。

赤坂、ほんとによかったですねぇ・・・あのくらいの規模、ほんとにいいですね。
馬場さんもすごく楽しそうだったしいろんな曲とりまぜてあって。
私は2006年4月から馬場さんのライブに行き始めたのですが、その頃
行った、さいたまや千葉のライブハウスを懐かしく思い出しました。
あのうた、春のレイン、真珠・・・この流れ、かなり最高でした。
ダディーズソングも聴きたい曲リストに入っていたので(自分の^^;)一緒に
行った友達と手をとりあって大喜び。でも小林ひとみは知らず・・・
(ライブ後知りました・・・) 
そしてポール・ウェラーを「知らなーい」と言った方は私の少し後方でしたが
私も非常にびっくりしました。ずいぶん若い方なのか、、、有名人だと思っていたのにポール・ウェラー。そしてあのタイミング・・・

合唱がまさか、、、と想像していたのですが無くてよかった。次は野音、そして大宮、秦野に行く予定です!

長々失礼しましたm(__)m
by rie (2008-04-23 00:11) 

masatoshi

rieさん
どうもこんにちわ、赤坂本当に良かったですよね。
バンドスタイルも嫌いではないのですが、やはり弾き語りで
ライブハウスで演奏していた時期を見ていたので
どうしてもこのようなライブには思い入れが強く見ちゃいます!

2006年からですか!その後の馬場さんの勢いはすごいですよね!
緩やかな上り坂ではなかったような。
僕も野音には行きます~みんなで楽しみましょう~
ある意味 日比谷は馬場俊英の集大成でもありますよね~
by masatoshi (2008-04-23 08:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0